健康は、質の高い眠りをとることからはじまります!

眠りのコラム

たっぷり寝たのに眠いのはなぜ?
人間は一日に何時間眠ればいいか?
あなたは、短眠派? 長眠派?




  たっぷり寝たのに眠いのはなぜ?

少ししか寝てないのにスッキリ目覚めた。
たくさん寝たのになぜか眠い!体がだるい!
こんな経験をしたことはありませんか?

これは、眠りには浅い眠りと深い眠りというのがあるためです

眠りの浅いときに目覚めると一日がスッキリ過ごせますが、深い眠りのときに目覚まし時計などで無理やり起されると、起きる時もつらく、一日中頭がスッキリせず、体がだるい、眠いという状態が続くのです。
この浅い眠りをレム睡眠、深い眠りをノンレム睡眠といい、約90分位の安定した周期で交互に繰り返されています。2つを1セットと考えると、平均睡眠時間6〜8時間の場合、一晩で4〜5回繰り返されていることになります。
レム睡眠終了後に覚醒すると最も気分のいい、「今日もガンバルぞ!」という目覚めが出来るのです。

ノンレム(Non-Rapid Eye Movement : Non-REM)睡眠とは

私たちの眠りは、まずノンレム睡眠からはじまります。この眠りは「脳の眠り」ともいわれ、大脳がほとんど休息している深い眠りです。
深いノンレム睡眠は睡眠の前半に多く、揺り動かしてもなかなか目が覚めない状態で、呼吸は規則正しく、心拍数は安定しています。時間の経過とともに徐々に浅くなっていきます。
さらに、入眠後まもないノンレム睡眠の深い段階では成長ホルモンが分泌されることが知られており、「寝る子は育つ」という昔からの諺が正しいことを証明しています。


レム(Rapid Eye Movement : REM)睡眠とは
レム睡眠は数分から10分くらい続き、就寝からの時間が経過するにつれて多くなってきます。脳の機能は目覚めの状態に近く、ノンレム睡眠時は全く動かなかった眼球が急速に動きだします。呼吸は浅く速くなります。
さらに、体を支えている筋肉の緊張が低下するため、体は力がぬけ、ぐったりしてしまいます。
もう一つこの時期は夢と関連が深いことがわかってきています。事実、レム睡眠時に起こして夢の有無を聞いてみると約80%の人が夢を見ていたと答えたそうです。

睡眠って意外と複雑でデリケートなんですよ!





  人間は一日に何時間眠ればいいか?
人間が健康に過ごすために適切な睡眠時間は、一日に8時間であると昔から言われていますが、医学的根拠はまったくありません。
実際に何時間眠れば健康にいいか?という質問にお答えするのは難しいです。
時間よりもむしろ「睡眠の質」に注目していただきたいと思います。

アメリカで、睡眠時間をどこまで減らしても平気なのかを調べる実験が行われました。
毎日きちんと8時間の睡眠をとっている夫婦と、6時間半しかとっていない夫婦を実験台に、徐々に睡眠時間を短縮していった結果4時間半〜5時間半という結果が出たそうです。
同時に眠りの質の変化を分析すると、睡眠時間が短縮されるにつれて深い眠り(ノンレム睡眠)が増え、浅い眠り(レム睡眠)が減っていることがわかり、いたずらに長い睡眠時間をとっても浅い眠りが増えるだけで、眠りの質が良くなるわけではないようです。でも、レム睡眠も大切な眠りですよ!

特に、年を取ってくると睡眠時間が減ってきますが、5時間以上眠っている方は、日中の眠気で困らなければ睡眠時間自体にこだわらないことが重要です。

朝、目覚めた時の爽快感は、質の良い睡眠からしか得られません。
睡眠のタイプは一人一人異なります。
快眠本舗では、睡眠環境・睡眠の道具の面からあなたの「良い眠り」を見つけるお手伝いをします。
いつでもご相談ください。



  あなたは、短眠派? 長眠派?
フランス皇帝ナポレオン一世
彼の短眠はあまりにも有名です。真夜中と明け方にそれぞれ2時間ずつ寝るだけだったといわれています。
レム睡眠とノンレム睡眠を1セットずつ上手くとっていたことになります。

発明王エジソン
彼は、睡眠はムダだと考えていた人の代表で、「眠りは不必要なぜいたく。大部分の人は100%眠り過ぎており、そのため彼らは不健康になり、能率が落ちるのだ。」「8時間以上も眠る奴なんかは、ぐっすり寝てもいないし、スッキリ目覚めてもいないのさ。」これが彼の口癖でした。

物理学者アルバート・アインシュタイン
彼は有名な長眠者で1日10時間も寝室で過ごし、あの相対性理論もベッドの中で思いついたものだとか。
夢の中にヒントがあったんですかネェ?

シェイクスピア
『眠りはこの世でもっとも滋養になる饗宴。」といい、眠りをこよなく愛していました。

Mr.スリープ(私です)
あるときは20分、そしてあるときは限りなく!自分の睡眠リズムを知り尽くし、睡眠時間を自在にコントロールしている。しかし、目覚まし時計のセットを間違え一日中不機嫌なときもある。夢のつづきを見ることができる。

さて、
「1日が24時間では短すぎる! ゆっくり眠ってなんかいられない!」
とおっしゃるあなた。
「何の時間を削っても睡眠だけはたっぷりとりたい」とおっしゃるあなた。
どちらを支持されますか?



夏のおすすめ!熱帯夜の睡眠が楽になる涼しい寝具!イワタ本麻敷きパットしとね

羽毛布団選ぶなら 蒸れない!洗える!イワタの羽毛布団!
羽毛布団の選び方 3つの条件 蒸れない!洗える!日に干せる!
敷布団選ぶなら!らくだ毛100%!イワタのキャメル敷ふとん
冷え性対策足の冷えに羽毛靴下ダウンソックス
おすすめ快眠枕!天然素材100%蒸れない枕!

厳選寝具一覧へ

洗えるイワタ羽毛布団 羽毛肌布団洗えるダウンケット らくだ敷布団キャメル敷パッド 羽毛敷布団ダウンパッド イワタ羽毛ソックス 麻 布団イワタ麻パッド本麻しとね パシーマ 快眠枕
羽毛布団の選び方 品質 中身と生地 イワタ洗える羽毛ふとんの特徴 快眠に必要な寝具の機能と睡眠リズム 冬の睡眠 冷え対策 快眠講座ぐっすり睡眠 ガーゼケット すのこベッド

お問合せ
【快眠本舗】健康な睡眠はあなたの寝具選びからはじまります!
羽毛布団選ぶなら 蒸れない!洗える!イワタの羽毛ふとん!
URL=http://www.kaiminhonpo.com/
Copyright (C) Kaiminhonpo All Rights Reserved.
文章や画像などコンテンツの無断複製・転載を禁じます